リラのイチオシ!情報

 
 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐の二宮和也がイーストウッド監督に惚れられた?

公開約2週間で110万人動員、
「第64回ゴールデングローブ賞」の2部門でノミネート、
アカデミー賞レースでも期待が高まっている話題の映画「硫黄島からの手紙」。
クリント・イーストウッド監督のこの作品で、
主演の渡辺謙(47)とともに、嵐の二宮和也(23)が世界的に注目を集めている

実はこの映画のオーディションを受けたとき、
二宮はもっと出番の少ない役のはずだった。
オーディションは、俳優の演技ビデオに撮ってアメリカに送り、
それをクリントがセレクトするという形で行われた。
ビデオの二宮を見た監督は、
「彼は素晴らしい。重要なポジションで演じてもらいたい」
と本来40代から50代の設定だった役を、
若い兵士という設定に変えて、起用したのだ。
監督からは親しみをこめて“うさぎみたいな少年”と呼ばれているという。
確かにうさぎみたいな目かも。
助演男優賞にも期待がかかると騒がれている二宮。
1月からスタートのドラマでは脚本家・倉本聰氏のラブコールによって
主役の板前を演じるなど絶好調である。
嵐の他のメンバーもドラマ出演などが見られ、
来年は嵐の活躍の幅が広がってくるかもしれないですね^^
スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://manukeiba.blog55.fc2.com/tb.php/73-d5df55e9
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。