リラのイチオシ!情報

 
 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週はセントライト記念!!

セントライト記念 9月17日中山 G2・芝2200m


キストゥヘヴンが牡馬相手にどこまでやれるのかというのも興味深いですが、

ここはフサイチジャンクに強い競馬を見せてほしいですね。

打倒メイショウサムソンを目指すなら、ここでは負けられないところです。



スタミナが必要な2200mという距離ながら、同時に中山の速い馬場に対応する

スピードも要求されるのがセントライト記念。

どちらも兼ね備えているのが偉大な種牡馬サンデーサイレンス。

以前の爆発的な活躍に比べると、

現3歳の最終世代は大舞台で突き抜けられないもどかしさはありますが、

夏を越しての成長力に期待したいところ。



◎はフサイチジャンク。
OP2勝、皐月賞3着の実績は群を抜いている感がありますし、

メンバーに恵まれた今回はきっちり差しきってくれるハズ。

馬体に迫力が増していれば、その可能性は更に高くなります。

そして、先行・差し自在の脚質はセンスの高さの証。

デビューより2000m以上のレースを使っているように距離不安もありません。

無敗で挑んだ皐月賞では3着と好走しましたが日本ダービーでは惨敗したが

伸びない大外に進路を取ったゆえの敗戦で、巻き返しを期待します。

今回の結果次第では向かう方向に変化があるかもしれません。



○はタマモサポートです。
前走のラジオNIKKEI賞では展開がはまった点もありますが、

レース運びがかなり上達しており、トリッキーな中山コースでは有利な条件と言えます。



▲はミレニアムウイングです。
SS産駒に対抗しうる存在といえば世界の至宝サドラーズウェルズ産駒かな?

春は条件戦でくすぶっていたものの、前走の札幌芝2600mでレコード勝ち。

北海道シリーズの2600m戦はファインモーションをはじめとして

名馬が多く誕生した舞台でもあり、ミレニアムウイングにも期待がかかります。



マツリダゴッホキストゥヘヴンです。
マツリダゴッホはSS産駒に多くみられるようにイレ込みが激しく、

自滅することもしばしば。

それでも久々の日高特別で復活Vを果たして上昇ムード。

早い時期からクラシック級の能力を感じさせる馬だっただけに、

最後の1冠に向けてここは落とせない1戦といえます。


キストゥヘヴンは牝馬ながら登録してきた桜花賞馬。

相手が手薄なのを見て勝ちにきているのか、それとも叩き台なのか、

直前まで思惑が絡みそうです。
スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://manukeiba.blog55.fc2.com/tb.php/28-7387a17e
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。