リラのイチオシ!情報

 
 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好演したカン・ドンウォン

「私たちの幸せな時間」に主演したカン・ドンウォンのインタビューが行なわれた。
 

映画「私たちの幸せな時間」に、イ・ナヨンとともに主演したカン・ドンウォン。

若い俳優がルックスメインの魅力から脱却し、着実に演技力を身に着けていく姿は、見る者も心躍るものだ。

カンは今回の作品で死刑囚のユンスを演じ、そうした成長をはっきりと印象付けた。

拘置所の面会所という限られた空間の中で演技をしなければならないため、

俳優カン・ドンウォンも裸の演技力をさらけ出すことになる。

カンさんはその大きな瞳で、挫折と憤怒、悔恨、愛を見事に表現した。

この作品で心が大きく動かされたとカンさんは話す。いまだに時々、捕まる夢を見るという。

ユンスをまだ忘れることができない。

ユンスの複雑な背景は映画の中では細かく説明されていないが、追い詰められたユンスが、

3度自殺未遂を図ったユジョンに出会い、生きることを大切に思うようになる姿を、カンさんは絶妙に描き出した。

「最初はかなり悩みました。撮影が進むにつれ、感情をどんどん高めていくことができたようです」と話す。

死刑場に向かうシーンで、演技はピークに達する。淡々と死に向かいつつも、よろける足。

「死にに向かった経験がないわけですから、その感情が分かりませんでした。

淡々と始まり最後に向かうほど感情が高まらなければいけないと監督がおっしゃって、そこに合わせて演技しましたが、

最近捕まって引っ張られていく夢を見て、その演技も違っていたように感じています。

どんなに隠そうとしても、どんなに恐ろしかったでしょうか」。



新たな演技への挑戦に、カンさんを賞賛する声は多いが、そうした状況に違和感を感じるという。

「『デュエリスト』『彼女を信じないでください』『オオカミの誘惑』も、自分なりにキャラクターを作ったつもりです」というカンさん。

もちろんその通りだが、この作品でグレードが1ランク上がったのは明らかだ。

カンさんは、「もう二度と死刑囚の役は演じたくない」と話す。

この作品が、カンさんの感性を強く刺激したのは間違いない。



撮影に感情をぶつけ打ち込んだせいだろうか、

撮影中、「今自分は何をしているのだろう」と、ぼうぜんとしてしまったこともあるという。

「大笑いできるようなコメディ映画がやりたいです。『彼女を~』を撮った後、

コメディはやりたくないと思っていましたが、ひと回りしたらまたコメディをやりたくなりました」と言うカンさん。

整った顔立ちに、表現力をつけた今、「天はニ物を与えた」と言っていいだろう。
スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

カン・ドンウォン」 韓流スター情報館

カン・ドンウォンはクールな顔立ちと抜群のスタイルを持つ俳優、モデル。

カン・ドンウォン」 韓流スター情報倶楽部

カン・ドンウォンはクールな顔立ちと抜群のスタイルを持つモデル出身の俳優です。

カン・ドンウォン」 韓流スター情報なび

カン・ドンウォンは抜群のスタイルとクールな顔立ちで人気のモデル出身の俳優。
http://manukeiba.blog55.fc2.com/tb.php/25-a335576a
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。