リラのイチオシ!情報

 
 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イ・ビョンホンのデビュー時代・・・

イ・ビョンホンの映画デビュー時代に対する
忠武路の評価を紹介し視線を集めた。
イ・ビョンホンはTV「世界を開く」で、
芸能人では唯一このドキュメンタリーの主人公として登場しましたね。

イ・ビョンホンの、“韓流スター”と“俳優”としての一面に
スポットを当てた番組では多くの関係者の寸評がありました。
そんな中『JSA』の監督としてイ・ビョンホンと仕事した
パク・チャヌク監督が、イ・ビョンホンのことを話しました。

イ・ビョンホンは一時期、映画界の会社がキャスティングを
絶対にしてはいけない回避俳優の1人だったみたいです。
活発な活動をしながら人気を集めたのとは異なり、
映画ではおかしなことに興行的に不振な一面を見せたためとか・・・
また、彼の強烈な眼差しがとても印象的だったらしいです。

7作目の映画『JSA』で成功するまでは、
イ・ビョンホンを興行俳優として評価していなかったみたいです。

イ・ビョンホンはドキュメンタリーで、エスプレッソコーヒーを
楽しむ家を公開し、ハリウッド進出のため英語の
レッスンを行っている様子などで注目を集めました。

また、ハリウッド映画『幸せのちから』のプロデューサーからは
アジアの俳優といえばカンフーだったみたいですが
イ・ビョンホンの場合、カンフーができなくても成功できる俳優と
評価を受けました。



スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://manukeiba.blog55.fc2.com/tb.php/161-6a85e8ee
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。