リラのイチオシ!情報

 
 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イ・ビョンホンの写真展開催!!

7月に発売されたイ・ビョンホン写真集
『パリイ』の写真展が日本で開催されるそうです。

この写真展では同写真集掲載写真のほかにも
未掲載写真や地下鉄有楽町線を埋め尽くした
発売告知ポスターなども展示されるそうです。

写真展は11月14日から20日に東京で
11月23日から12月2日に北海道で
それぞれ開催されます。

一度、未掲載写真を見てみたいですね!
スポンサーサイト

ヨンさまが撮影中に大怪我!

ヨンさまが主演する歴史ドラマ「太王四神記」の
撮影中に手の指のじん帯を切るけがを負ったそうです。

済州島で刀を使った戦いのシーンを撮影中に
相手俳優の刀がヨンさまの右手人差し指に当たり
じん帯を断裂したとのことです。

応急措置を行い近くの病院で縫合手術を受けて
ギプスをつけたそうですがまだ撮影が残っていたため
現場に戻り撮影を続けたそうです。

現在、撮影は済州島から全羅南道・羅州に
場所を移して続けられています。

『太王四神記』の完全版を配信

12月から日本で放映を開始するヨンさま主演の
韓国ドラマ『太王四神記』が各話放送終了後に
公式サイトで完全版としてインターネットで
独占配信されるそうです。

『太王四神記』公式サイト完全版では
ドラマのプロローグが動画で見られるほかに
歴史的背景や人物相関図などドラマ視聴に役立つ情報や
メイキングやニュースといった撮影現場風景など
ドラマをより楽しめるような情報を発信するそうです。


詳しい情報はコチラ
http://www.nifty.com/taiousijinki/

ヨンさまの日本訪問決定?!

ヨン様が公式で再び日本を訪問するそうです。

ヨンさまは『太王四神記』の日本放送を祝うための
プロモーションに参加するそうです。

『太王四神記』の韓国での放送が終わり次第
ヨンさまをはじめ主要キャストたちが日本を訪問する
計画ですが12月1日頃の韓国の放送日と
3日の日本での初回放送日が重なるので
スケジュールの調整中とのことです。

ヨンさまが公式的に日本を訪問したのは
昨年7月に韓国伝統料理店のオープン式でした。
今回の訪問日程が決まれば日本ファンの
“ヨン様への想い”が解消されるのでは?

『太王四神記』では再び韓流スターの威力を見せ
“ヨン様熱風”を巻き起こしています。
『冬のソナタ』に続いて韓国ドラマの記録を出し続けています。

スケジュールを調整してもらって
是非来日して欲しいですね。

『太王四神記』ヨンさまの…急浮上!

『太王四神記』のヒロイン“スジニ”役のイ・ジアが
化粧品ブランドのモデルとして抜擢されました。

ヨンさまの相手役としてキャスティングされ
新人らしからぬ演技力を見せているイ・ジアは
現在モデルとして活動しているイ・ヒョリと共に
メインモデルとして活動するそうです。

今回の契約では中国、香港、シンガポールなどの
活動まで含まれていて英語に長けている
イ・ジアの初の海外活動になる予定です。

ドラマを通じて新しく注目を集めているイ・ジアの
新鮮で神秘的なイメージが20代の若い女性たちに
積極的にアピールされそうです。

『太王四神記』と『ロビイスト』放送見送りで…

韓国でドラマ最大の視聴率争いが起きています。
『太王四神記』と『ロビイスト』が
南北首脳会談により放送が見送られ
ドラマを期待していた多くの人たちは様々な反応が…

放送見送りに賛成する意見は
南北首脳会談でドラマを1週間延期することで
『太王四神記』は制作スケジュールに余裕が生まれて
完成度の高いドラマが制作されるとの意見が多いようです。

これとは相反する意見もあり
当初放送することにしたドラマ時間帯に
首脳訪問により見送るのは行き過ぎで
ドラマ掲示板などに抗議の書き込みが多く挙げられています。

今回の放送見送りで話題を集めた
『太王四神記』と『ロビイスト』の視聴率争いは
1週間先になりました。

『太王四神記』ドラマ以外でも大人気!

ヨンさま主演のドラマ『太王四神記』のオープンセットが
ドラマのヒットに合わせ人気を呼んでいるそうです。
 
済州市のオープンセットでは先月22日に
有料開放してから10日間で2万人余りの
観光客が訪れたそうです。
韓国の旧盆期間には1万5000人が訪問して
1日当たりの平均訪問者数は1000人以上です。
今月も高句麗の歴史体験のため中高生と
修学旅行生1000人余りがすでに予約しているほか
近隣の学校からも秋の遠足場所として脚光を浴びています。

約27億6000万円を投じ2万9000平方メートル余りの
敷地に作られたパークサザンランドは広開土大王時代の首都
国内城を再現したもので広開土大王が執務を行う大殿、寝殿
王族専用の出入門などの宮廷内部、太学と呼ばれた教育施設
貴族の居住地、市場の立ち並ぶ通りなどがあります。

入場料もそれほど高くはないみたいですよ。

TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。