リラのイチオシ!情報

 
 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『太王四神記』第5話も視聴率安定!

ドラマ『太王四神記』第5話で馬に乗って
走りながら棒で球を撃つ競技のシーンが放送されて
視聴者から名シーンだったという反応と
視聴率30%という数字を記録しました。

4話に続き5話も視聴率30%台の記録で
各局の熾烈な視聴率争いで30%台の
視聴率を維持するのが容易ではないことを
考慮すると『太王四神記』は安定的な視聴率で
最初の課題をクリアしたみたいですね。

この視聴率に大きく寄与したのは5話で放送された
撃毬シーン(馬のシーン)高句麗で撃毬大会が開催され
馬上で繰り広げられる強い男性たちのパワーと技量が
韓国ドラマ史上初めて描かれたそうです。
1本の映画を見ているようなシーンで
まるで西洋のポロを見るようなシーンだったそうです。

撃毬に対する感想も多かったみたいですが
ヨンさまを守る高句麗の近衛隊兵士たちを引率する
カクダン役のイ・ダヒの姿も印象的と高評価です。
スポンサーサイト

ドラマ『太王四神記』をその日に視聴!

テレビ放送後にパソコンと携帯電話で
『太王四神記』が見れます。

12月からNHKで放送されるヨンさま主演の
『太王四神記』は壮大な歴史ファンタジードラマです。
済州島に建設された巨大なセットやキルギスタンでの
大規模ロケも敢行されて4世紀後半から5世紀前半に
高句麗を強靭な国家に育て上げた広開土大王の闘いや
切ない愛を久石譲の音楽にのせて華麗に描き出すドラマです。

この『太王四神記』をニフティ株式会社が
テレビ放映終了後からパソコンと携帯電話
ニフティが提供する@niftyTV向けに
独占動画配信を開始するそうです。
パソコンと携帯電話向けに
日本語版『太王四神記』公式ホームページも開設。

動画配信では『太王四神記』全24話を
日本語字幕付きで配信され公式ホームページでは
出演者や撮影現場の情報、コミュニティなど
公式ホームページならではの情報が満載です。

好きな男ランキングってどうなの?

ananの恒例企画「好きな男」アンケート調査で
14年連続1位に輝いたSMAPの木村拓哉ですが
この1位って…

このアンケートは毎年発表時期が
バラバラですね。
05年には4月13日発表されましたが
06年は10月11日で今年は9月5日と
恒例企画とは思えないほどのバラツキ。

05年の時はキムタク主演ドラマ『エンジン』の初回直前で
掲載が秋に変わった06年は主演映画『武士の一分』の
ワールドプレミア上映前でした。
今年は映画『HERO』の公開直前です…
好きな男ランキングはキムタクの仕事をプッシュするため?

ファンの方に失礼かもしれませんが
SMAP人気が絶大でもキムタクが14年も1位独占というのは
普通は有り得ないと思いますが…

毎回2位の福山雅治はテレビなどのランキングでも
上位なので納得してしまいますが
中居正広、岡田准一などジャニーズ勢ばかりが上位です。
ananがジャニーズをヨイショしているのでしょうか?
時期などを変えなくてもキムタクの1位は変わらないでしょうね。

『太王四神記』ペ・ヨンジュンがいよいよ登場!

第4話から本格的なドラマが始まります。

韓国初のファンタジー時代劇ドラマ『太王四神記』が
スペシャル版を放送後に第1話から3話まで
20%を上回る高視聴率で話題を呼び集めています。
今週放送される4話と5話に注目を集めています。
とくに19日の第4話からヨンさま、ムン・ソリ
イ・ジアなど俳優が登場して本格的なドラマが
繰り広げられる予定です。

第4話ではヨン氏夫人の悲劇的な死により
ヨンさまとユン・テヨンが対立しながら
ユン・テヨンを“チュシン”の王にしようとする者と
コムル村の対立が本格化していきます。
ヨン氏夫人が自決した後にファチョン会はパク・サンウォンに
接近しユン・テヨンをチュシンの王にしようとする陰謀を企て
ファチョン会のデジャンロがパク・サンウォンに
接近するというあらすじになっています。

チャン・ドンゴンがベストカップルに!

チャン・ドンゴンとスエが18日に行なわれた
2007大韓民国放送広告フェスティバルで
ベストカップル賞を受賞しました。

チャン・ドンゴンとスエは食品会社のCMで
自然な恋人役を演じ温かいコーヒーを飲みながら
お互いの愛を振り返る姿を披露しています。
今回のベストカップル賞選定は
広告界専門家とネットユーザーが参加して
選んだ賞ということで評価を得ています。

次のトップモデルは…?

しばらく続いた“えびちゃんブーム”
雑誌『CanCan』の9月号では専属モデルの
西山茉希ちゃんを単独で表紙に起用しています。
ポスト・エビちゃんは西山茉希で決まりでしょうか?

雑誌業界は今モデル不足みたいです。
女性タレントの最高の到達点はやはりトップ女優。
そこに登りつめる過程が少し前と現在では
変わってきているそうです。

女優へ巣立った『CanCan』のモデルといえば
長谷川京子、藤原紀香、米倉涼子などですね。
彼女たちは中高生でスカウトされて
ファッション誌でモデルデビューし
20歳はじめか半ばで女優に転身しています。

現在では早い段階でモデルを卒業して
タレント・女優路線へ転身が増えているそうです。
人気若手女優の長澤まさみと宮崎あおいは
ローティーンファッション誌のモデル出身、
沢尻エリカや新垣結衣も雑誌モデルとして活躍していました。
しかし、みんな女優へ転身して同世代のモデルは
不足気味になっているそうです。

結果的にポスト・エビちゃんには
徳澤直子ちゃんか西山茉希ちゃんに
なるのでしょうか?
『CanCan』の独り勝ちの時代はもう終わり?

最近の雑誌を見るとファッションの流行のつくり方に
無理があるような気がします。
ターゲット層である若い女性は『CanCan』を
見ていない子も多いのでは?

イ・ジアが『太王四神記』で…!

ドラマ『太王四神記』で“ヨンさまの恋人”
スジニ役として話題を集めているイ・ジアが
アクションシーンで傷だらけの演技をおこなっています。

イ・ジアが演じるスジニは幼い年齢で両親と姉を失った後
弓術や賭博に才能を持つ武士として育っていく人物です。
美術とデザインを学んだ“美大生”のイ・ジアは
『太王四神記』にキャスティングされてから
アクションスクールに通いながら乗馬、弓術
剣術などを習っていました。

しかしドラマでは大規模なアクションが多く
事故の危険性も非常に高いそうです。
馬20頭が全速力でイ・ジアのそばを走るシーンでは
一頭の馬がイ・ジアにぶつかり負傷する
事故が発生したそうです。
幸い正面ではなく側面にぶつかったため
大けがにはなりませんでした。
しかし全身にあざができてしまい
これを隠すのに苦労しているそうです。

アクションシーンが多いため大小の事故が多く
全身が傷だらけですが根性がある女優で
“おもしろい”と言いながら積極的に
撮影に望んでいるそうです。

新垣結衣に異変が…!?

ポッキーのCMで一躍脚光をあびて
ドラマ「パパと娘の七日間」で主演、
映画「恋するマドリ」で主演と
大活躍中の新垣結衣ちゃん。
最近は仕事が忙しすぎるせいか挙動不審で
遠い目をしていることが多くて
様子がおかしいそうです。

元々結衣ちゃんは明るいコではないそうです。
末っ子で人見知りは激しく協調性もある方ではないみたい。
そんな結衣ちゃんにいきなり人気が出てしまい
その忙しさに体がついて行けず精神的にダウン状態。
スタッフの人たちとも目を見て話せないらしく
マネジャーがついていないとダメな状態。
話しかけると挙動不審になってしまうとか。
かなり危険な状態なのでは?

19歳の結衣ちゃんには芸能活動は負担ってこと?

結衣ちゃんはティーンズモデルとして
活動していたのでまさかテレビに出演して
ここまで人気が出るとは思っていなかったみたいです。

ポッキーのCM撮影を振り返り結衣ちゃんは
「あんなテンションの高い自分を見たことがない」
と答えたそうです。
普段運動しないのでCMのように
機敏に動くことがなく
キャピキャピもしてないし
語尾が上がったりしないそうです。

芸能界でのイメージとは本当に違うのですね!
あまり無理しないようにして欲しいですね。

相武紗季が芸人に狙われて…

人気若手女優の相武紗季ちゃんを狙う
あるお笑い芸人がいるそうです。
その人物は…?

紗季ちゃんを虎視眈々と狙っているのが
「牛に願いを Love&Peace」で共演した
オリエンタルラジオの中田敦彦だとか。
中田は親しい人に芸人生命をかけて
絶対に口説き落とすと宣言したそうです。

中田は紗季ちゃんの写真集やカレンダー
非売品のポスターまで持っているそうです。
しかも、オリラジがブレークする前は
紗季ちゃんの握手会に早朝から並んだことも!

中田は紗季ちゃんが出演する収録シーンには
自分の出番がなくても必ず立ち会っているそうです。
冷たい水と冷えたタオルを用意する気配りまで。
『紗季ちゃんのためなら死ねる』と言っているようですが
紗季ちゃんはCMの仕事で知り合ったスタイリストとの
仲も急浮上してきています。
このスタイリストはかなりのプレイボーイと評判で
写真誌がすでにマークしているとか…

紗季ちゃんは以前NEWSの山下智久と噂がありましたが
やはりこれは単なる噂で関係はなかったのでしょうか?

ペ・ヨンジュンの『太王四神記』がコミック発売

『太王四神記』が日本でコミック発売されるそうです。
画は劇画家の池田理代子さんが書かれ
講談社から出版されます。

漫画『太王四神記』は講談社の情報誌
TOKYO★一週間とKANSAI1週間にて
創刊10周年記念企画として9月25日発売号から
連載がスタートするそうです。

すでに11日から韓国内での放送がスタートした
ドラマ『太王四神記』の映像が紹介されて
その後に今回手がける池田理代子さんが
ドラマが“ファンタジー”ということを聞いて
若干躊躇したそうですが親友がヨンさまの大ファンで
その方の言葉で描こうと決めたそうです。

その後には『太王四神記』でヨンさまが
1人2役を演じている“桓雄”と“タムドク”、
ムン・ソリが演じるタムドクの恋人“キハ”の
原画が公開されてキャラクターの説明も行なわれました。
そのキャラクターで一番苦労したのはヨンさまの目で
一重にすると悪人っぽくなってしまうそうで
主人公を二重まぶたにしたそうです。

キャラクターの原画を直接見たヨンさまが
池田さん宛てにコメントを送り『太王四神記』の
コミックス化に対する期待と信頼感を見せつけました。

『太王四神記』は約52億円が投資された超大作で
ヨンさまが『冬のソナタ』以降5年ぶりとなる
ドラマ出演ということでも韓国のみならず
アジア各国で注目されている作品です。
また主題歌を人気アイドルグループの東方神起が歌い
ヒロインを演じる新人イ・ジアも大きな話題となっています。

リアディゾンの恋の相手はジャニーズ?

一時は引退説までウワサされていましたが
最近封印されていた水着グラビアを解禁し
10月初旬に待望のDVD付き写真集
「HEAVEN」を発売するリアディゾン。

この写真集では露出度は本当にギリギリだとか。
セクシーさと女性らしさが分かる作品と大絶賛されています。
音楽活動も絶好調で1stアルバム『Destiny Line』の
発売を記念して来月には初ライブが予定されているそうです。
チケットはほぼ完売状態。
そんなリアちゃんの活躍とともに取り沙汰されているのが
"彼氏"の存在です。
リアファンを公言していたNEWSの錦戸亮との熱愛が
彼のファンの間で噂になっています。
また、同じジャニーズ事務所の長瀬智也も有力との噂も?
長瀬はリアちゃんのレコーディングを担当していた
スタッフが友達だったことから交際に発展したといわれ
錦戸はパーティーで知り合って交際に発展したといわれています。
ここにきて複数の恋愛情報が飛び交っていますが
一体どれが本当なのでしょうか?

やりたい仕事ができなかったリアちゃんが
持ち直したのは精神的な支えの誰かがいたからでしょうか?
恋愛で仕事が積極的になったのなら何よりです。

ペ・ヨンジュンの恋人役のイ・ジアとは?

『太王四神記』にヒロインとして出演した
新人女優に関心が集まっているそうです。

『太王四神記』は初放送で20.4%の高視聴率でした。
その『太王四神記』でヨンさまの恋人スジニ役を演じている
新鋭イ・ジア。

イ・ジアは放映前のキャスティング段階から
キム・テヒやハ・ジウォンらのトップスターを
抑えて抜てきされ話題になっていました。
シム・ウナの美貌とコ・ヒョンジョンの度胸を
兼ね備えた女優との声も聞かれます。

イ・ジアは1981年2月2日生まれで
身長168センチ体重48キロ 英語が堪能です。
このドラマは韓国だけでなくもちろん海外放送される
可能性がありイ・ジアも新しい韓流スターとして浮上しています。

『太王四神記』は同時間帯に放送された『王と私』の
視聴率21.0%とほぼ同じで好スタートを切りました。

『太王四神記』は…

ドラマ『太王四神記』の評価は
映画『ロード・オブ・ザ・リング』と
ドラマ『朱蒙』を合わせた作品という
評価を受けました。

10日に放送された『太王四神記』スペシャルは
太王と四神そして恋物語についての説明から
俳優や撮影地でのエピソードなどを紹介しました。
済州道にオープンセットを設ける過程や
CGの制作過程、キルギスで撮影した
大規模な戦闘シーンなども公開されました。

約52億円の制作費が注入されたドラマ映像については
韓国の技術によるCGで満足できるレベルだったと評判です。
その中でもムン・ソリとペ・ヨンジュンが
火柱で戦いを繰り広げる場面は世界的に好評を受けた
『ロード・オブ・ザ・リング』に劣らないそうです。

幼い時代には柔弱だった男性が自身に与えられた
運命に気付き国を建てるための偉業に乗り出す
ストーリーが『朱蒙』に似ているとの見方が多いようです。

特番終了以降も視聴者の反応も熱くかなりの評判です。
今日の第1話ではどのような反応になるのでしょうか?

ベールを脱いだ『太王四神記』

ドラマの本放送前の昨日放送された
『太王四神記』スペシャルが14.1%の視聴率を
記録して順調なスタートを切りました。
調査結果によると10日に放送された
『太王四神記』スペシャルは韓国全土で14.1%
ソウルと首都圏では14.5%の視聴率を記録しました。

他の視聴率調査機関でも11.3%の視聴率を記録して
本放送ではないスペシャル番組にも関わらず
10%を上回る視聴率を記録して
ヨンさまの力を改めて証明されました。

放送された『太王四神記』スペシャルでは
ドラマの制作過程と俳優、スタッフの
インタビューが放送されました。
アジアファンの関心を一身に集めている
ヨンさまのインタビューはありませんでしたが
他出演陣のインタビューはドラマに対する
期待感を高めるのに十分だったそうです。

『太王四神記』は今日から13日まで3話連続で
放送した後に通常放送されます。

東方神起が10月26日にアンコール公演を!

男性人気グループの東方神起が
10月26日から28日までの3日間
ソウルオリンピック公園体操競技場で
The 2nd ASIA TOUR CONCERT公演を開催します。

東方神起は昨年末の授賞式で大賞グランドスラムを
達成したのに続き今年は海外活動に力を注いで
日本オリコンチャートトップに輝きました。
このような成果が達成出来たのは
声援を送ってくれたファンのおかげと
アンコールコンサートを決定したそうです。

今回のアンコールコンサートは2月に行われた
東方神起 The 2nd ASIA TOUR CONCERTを
再現したステージになるそうです。
卓越した歌唱力とパフォーマンスはもちろん
各メンバーのソロステージや華やかなステージ演出など
東方神起の様々な姿を見ることができる最高の公演を予定。

東方神起は10月の台湾公演を皮切りに
マレーシア、タイ、中国などで行われる
アジアツアーにも拍車をかける計画。

日本でも13枚目のシングル『SHINE/Ride on』を
リリースする予定です。

松浦亜弥が大人の女へ…

歌手の松浦亜弥が最近酒浸りの日々を
送っているという噂があるそうです。

20歳を過ぎていますので問題はないのですが
最近ずいぶん飲み歩いて夜更かしをしているとか。
お酒が好きで事務所のスタッフやスタイリストなどの
女友達と渋谷や代官山で朝方まで飲み歩いているそうです。
まだ呑み方が分からないせいでしょうか
ついつい調子に乗って呑みすぎてしまうそうです。
不規則な生活が続いているため最近肌も荒れています。
もともとつるつるのタマゴ肌だったのに
顔に吹き出物が目立つそうです。

何があややをそこまで酒に向かわせるのでしょうか?

今、アイドルから大人の女への脱皮を図っているそうで
昨年9月の主演映画『スケバン刑事』も大々的な
PRにもかかわらず興行収入は2億円と惨敗してしまいました。
CM本数も昨年の7本から今年は3本に激減し
スケジュール的に余裕ができたこともありますが
そういった悩みのストレス解消として
飲み会に参加しているようです。

あややが泥酔してスタッフに運ばれているなんて
完全にイメージと違いますね。
以前は清純派とか優等生的なイメージがあったのに…

9月7日にヨンさま主演ドラマ『太王四神記』の
公式ジュエリー展示発表会が開催されました。
ヨン様ファンらが多数駆けつけて
盛大なイベントとなったそうです。

オープニングでは『太王四神記』でヨンさまが演じる
“タムドク”のジュエリーなどが紹介され
その後にジュエリーを3年もの期間をかけて
作り上げたデザイナー2名が完成するまでの
秘話などを語りました。
単なるジュエリーではなく1つの作品として
残るように品質の高さに力を入れて作られたそうです。
アクセサリーのほかにヨンさまや共演者が身にまとった
衣装も披露されました。

イベントではドラマの予告編や出演者のビデオメッセージ
大抽選会など盛りだくさんの内容で行われ
多くのファンも大満足だったみたいです。

ドラマ『太王四神記』は約52億円が投資された超大作で
ヨンさまが『冬のソナタ』以降5年ぶりとなる
ドラマ出演で韓国のみならずアジア各国で注目されています。
主題歌は人気アイドルグループの東方神起が歌うことや
ヒロインを演じる新人イ・ジアも大きな話題となっています。

韓国では今日から放送開始ですね。
どんな評判になるのか楽しみです。

東方神起の日本での人気の原動力は…

東方神起の日本でのニューシングル
『SHINE/Ride on』への関心は
40代女性ファン層が最も高いそうです。

東方神起は日本で12枚目のシングルで
ウィークリーチャート2位になりました。
これは東方神起の最高タイ記録で1
2万以上を販売しました。
東方神起はこの勢いで今年5枚目の
日本で13枚目のシングル
『SHINE/Ride on』の発売を控えています。

日本で東方神起に関するアンケート調査が行われ
調査の結果は東方神起のニューシングル
発売3週前の時点で「曲を聴いた」と答えた人は
40代女性が18%で最も多かったそうです。
タイトル曲はドラマ『おばんざい』の主題歌に
使われていますが放送が始まる前の記録としては
良好とのことです。

ペ・ヨンジュンがついにベールを…

韓国ドラマ史に新たな作品が誕生します。
韓流スターのペ・ヨンジュンが主演し
ドラマ史上では巨額の約52億円が投資された
『太王四神記』が11日の第1話放送を数日後に控え
ついにベールを脱ぎました。

韓国で行われた試写会では第1部全体と
2部前部分など計90分程の内容が公開されました。
放送が延期されてきましたが試写会での
『太王四神記』は待った甲斐を感じさせたそうです。

桓雄が世に下り熊族の女と結婚して檀君を生み
檀君が国を建てるという朝鮮建国神話の内容でした。
ドラマでは神話を熊族と虎族の戦闘で桓雄が熊族の女を
選択したものと表現されています。
ドラマの基本ラインは“檀君が建てた国の地”
からの出発です。

青竜、朱雀、百虎、玄武など高句麗の壁画に登場する
四神も桓雄時代に始まって高句麗までつながるものに設定。
これらを表現するためにCGが遺憾なく使われています。
はじめは『ロード・オブ・ザ・リング』チームと技術提携を
考えていたそうですがシステムが合わないために
韓国の技術で仕上げたそうです。
『ロード・オブ・ザ・リング』や『ハリーポッター』と
比べるのはやや難しいかもしれませんが他のドラマの
CGと比べると雲泥の差のデキみたいです。
試写会ではHD画面に5.1チャンネルで用意して
映画を見るような感じだったそうです。

5.1チャンネルのある方は凄い迫力が楽しめそうですね。
日本での放送が待ち遠しいです。

後藤真希が顔激変!

8月末から表層性胃炎で1週間休業していた
元モー娘の後藤真希が昨日都内で行われた
サンディスクの会見に出席しました。
皆に「ご心配おかけしました」と報告しましたが
休業前とまたもや顔が違っているような
また整形したのでしょうか!?

以前も豊胸手術や目頭切開などの
整形疑惑がささやかれてきた後藤真希。
そして休業明けの昨日も
目頭が変わっていて鼻も違うような。
左頬には不自然なボコボコがありました。
整形のせい?
原形をとどめていないように見えました。

セクシー路線に変わってから
胸も顔も変わってきています。
デビュー前はかわいいらしくて
ナチュラルだったイメージがあったのに
現在では顔が変わりすぎて成長の過程の一言では
片付けられないためネットで後藤真希は
『ゴマイケル』と呼ばれているそうです。

もし本当ならデビュー時のころが良いと思うのですが…

チャン・ドンゴンが告白!?

韓国トップスターのチャン・ドンゴンが
大手食品会社のCMモデルになりました。
契約期間は1年間でそのギャラは
韓国では最高額みたいです。

チャン・ドンゴンが食品ブランドのモデルを
務めるのは異例で今までは映画で強く男性的な
イメージでしたがCMではソフトで温かい
イメージをアピールするそうです。

CMでチャン・ドンゴンは愛する女性に
照れくさくプロポーズするそうです。

「僕と結婚してくれる?」

というセリフの場面で試写会に出席した
女性ファンが一斉に「はい!」と…。

ファンなら一度は見てみたいですね。
10月初旬には新しいバージョンも
準備されているそうです。

“ヨン様ドラマ”にライバル?応援?

ヨンさまとドラマ『ホテリアー』で
共演した韓流スターのキム・スンウが
ヨンさまの出演するドラマに
強い関心を寄せているそうです。

現在放送中でキム・スンウ主演の
『完璧なお隣さんに出会う方法』が
ヨンさま主演の時代劇『太王四神記』と
一時的に正面対決します。
月火ドラマの『太王四神記』が放送第1週目に
連続放送(10~13日)を予定していて
12日と13日に放送される
水木ドラマ『完璧なお隣さんに出会う方法』と
同時間帯になります。

名実ともに韓流スターである2人の対決は
早くも話題になっていてキム・スンウ自身も
『太王四神記』はコンピューター・グラフィックスも
立派で『完璧なお隣さんに出会う方法』と
対決するが期待もしているそうです。

イ・ジアがペ・ヨンジュンと…

『太王四神記』のヒロインイ・ジアが
主人公を演じるヨン様と同じ所属事務所に
決まったそうです。

ヨンさまの所属事務所は契約のないイ・ジアの
マネージメント契約を行い『太王四神記』が
アジア各国に放送されるのと関連して
英語に優れてイ・ジアの成長力を見守りたいとのこと。

イ・ジアの『太王四神記』出演は
オーディションで抜擢されてのデビューです。

イ・ジアは劇中で高句麗広開土大王のヨンさまと
共に恋愛関係を形成しヨンさま文武を兼備した
王になる過程で大きな役割を果たします。

『太王四神記』は11日から第1話が放送されます。

キムタク「HERO」の裏事情!!

間もなく公開の木村拓哉主演映画「HERO」
ヒット確実といわれているこの作品ですが
試写を見た映画関係者は疑問の声が?
その理由は…

主人公のキムタクが渡韓しますがこれが
ストーリー上かなり無理があるそうです。
作品全体で見てみるとイ・ビョンホンの出演シーンが
無理矢理はめ込まれているように見えて
その出演時間は2回で合わせて5分弱。
イ・ビョンホンは何故キムタクの映画に数分だけ
出演するのでしょうか。

イ・ビョンホンの出演を決めたのは
「SMAP」のチーフマネージャーで
大の韓流ファンだそうです。
チーフマネージャーはこの映画の
エグゼクティブプロデューサーとして
名を連ねていて好きなビョン様の出演を
製作サイドにお願いしたとか。
製作サイドとしても「SMAP」の
チーフマネージャーには頭が上がらず
承諾したそうです。
チーフマネージャーはノリノリで
ビョン様の出演シーンはわずかなのに
嬉しさのあまりビョン様に見とれるばかり。

イ・ビョンホンに会いたいために
韓国ロケと出演依頼をしただけで
作品上は特にイ・ビョンホンの
出演は必要ではなかったのでは?

いろいろありそうですが
テレビで高視聴率だった「HERO」
今週末が楽しみです。

クォン・サンウのプライベートDVD発売

昨年の誕生日にあわせて発売されて
人気を博したクォン・サンウの『KSW』に
未収録の映像を含めた完全版
『ALL SMILES KSW』の発売が決定しました。

この『ALL SMILES KSW』は
ドラマ『天国の階段』や『悲しき恋歌』で
韓流トップスターの仲間入りを果たした
クォン・サンウが常夏のリゾート地のフィジーで
最も美しいといわれる珊瑚の島マナ・アイランドを
舞台にテレビでは見せることのない普段の様子を
見せたプライベートDVDです。

『KSW』には無い貴重な未公開映像が
たっぷり収録されているそうです。
未公開撮りおろし写真を集めたフォトブックや
クォン・サンウの生写真といった初回特典つきです。

X JAPANが遂に復活!?

再結成が噂される『X JAPAN』の元メンバーの
YOSHIKI、PATA、HEATHの3人が
都内の繁華街で目撃されています。
8月には音楽事務所に集結して
“再結成”の具体的な話しを行ったそうです。
しかも今年11月公開のハリウッド映画で
世界デビューも予定されているそうです。

世界デビューはもともとYOSHIKI個人への
オファーでしたがその楽曲を『X JAPAN』で
発表するという案みたいです。
日本ではドラマの主題歌を担当して
年末の紅白歌合戦でお披露目する計画?

今後はメンバー全員が『X JAPAN』として
活動していく意思を固めたみたいですね。
記者会見はしないみたいですけど…
『X JAPAN』メンバーのhideが急逝してから
来年5月で10年目となります。
そこで皆で何かできることをと再結成を決めたそうです。

気になることが1つ…
解散の一因となったTOSHI の姿がないでよね。
これには最後に解散は決めたのは3人だったため
まず3人で話をして今後の方針を決めようと
いう意図でTOSHIも承知済みみたいです。

再結成?また噂で終わるのでは?と
思われてしまいそうですが
映画主題歌の話など計画があるようですし
97年の紅白を最後に解散して
同番組で復活というビックプランまで
あるので大丈夫?かな…

再結成した後どんなバンドでどんな楽曲に
仕上がるのでしょうか?
今からたのしみです。

ペ・ヨンジュンに追い風…!?

韓国ではまた時代劇ブームが到来しています。

昨年は高句麗を背景にした時代劇が
高い人気を得ましたがこの下半期も
時代劇がテレビを占領しそうです。

現在放送されている時代劇はKBSが『大祚栄』
KBS2が『死六臣』、SBSが『王と私』です。

ここにヨンさまの『太王四神記』と
『イ・サン-正祖大王』が加勢して
11月には時代劇『洪吉童』が加わります。
今日も特集ドラマ『香丹伝』が放送されて
今年の下半期に放送される時代劇だけで6編以上。
時代劇がテレビを占領するといってもいい状況です。
不振の南北合作ドラマ『死六臣』を除いては
高い人気と期待を集めていて時代劇全盛時代は続きそうです。

『大祚栄』はチェ・スジョンの学歴詐称問題が
ありましたが30%を超す高い視聴率で
年末まで放送延長が決まったそうです。
『王と私』も放送第2話で視聴率20%台に迫り
国民ドラマ誕生を期待させています。

ヨンさま主演の『太王四神記』は高句麗、征服広開土大王の
一代記を描いてハリウッド映画にも劣らないスケールと
CGで視聴者たちの関心を早くも集めています。
『宮廷女官チャングムの誓い』を演出したプロデューサーが
メガホンを取った『イサン-正祖大王』も
イ・ソジン、ハン・ジミン、イ・スンジェを
キャスティングし『王と私』と視聴率を争っています。

11月から放送される『洪吉童』は
洪吉童に対する新たな見方を描いたフュージョン時代劇で
ホン・ミランとホン・ジョンウン姉妹が出演することで
注目が集まっています。
チュ・ジフンとチョ・ヒョンジェの相次ぐ降板で
危機的状態にありましたがカン・ジファン
ソン・ユリ、チャン・グンソクに出演陣を変えて
すぐにも撮影に入る計画だそうです。

韓国時代劇凄そうですね。
日本ではどの番組が人気になるのでしょうか?

『太王四神記』予告編ついに公開!

制作前から豪華キャストで話題を集めた
ドラマ『太王四神記』が映画のような
予告編を公開して話題になっています。
9月10日に初回放送を控えている『太王四神記』が
まるで映画のような予告編を公開してベールに包まれた
雄大なドラマの中身を少しずつ明かしています。

今回公開された予告編は20秒のティザー予告編と
40秒の本予告編の2つのバージョンです。

20秒のティザー予告編では
「4つの神が目を覚まし数千年眠りについていた太王が起きあがる!」
というキャッチコピーで神を封印するペ・ヨンジュンの姿と
神が目を覚ます瞬間の映像が華麗に繰り広げられています。

40秒の本予告編では
主要登場人物を紹介して映画のような
華やかな映像を見せています。
刀を振り回し強靭な姿を披露するヨンさまや
神女の踊りを踊るムン・ソリ
女性らしさが感じられるイ・ジア
馬に乗り突進するユン・テヨンと
光を放つ玄武の杖を手にしたオ・グァンロクまで
トップスターたちのカリスマ漂う姿から目が離せません。

予告編が放送された直後にはネット上に書き込みが
数百件ずつ挙がり話題のドラマであることがわかりますね。
予告編を見られなかった人たちはネット上で
予告編を確認し驚く姿もあったとか。

今回の予告編公開でドラマに対する期待が高まりました。
9月10日には『太王四神記』スペシャルを放送せれます。
もうすぐですね。楽しみです。

ほしのあきがフリーマーケットで…!?

只今大人気のほしのあきちゃん。
現在レギュラー4本に出演してほかにも
多数のゲスト出演をこなすなど相変わらず
人気者のほしのあきちゃんです。
三十路とは思えないくらいにセクシーで
史上最年長グラビアアイドルとして君臨中。

そのほしのあきちゃんが意外な場所でいました。

フリーマーケットに参加していたそうです。

テレビカメラは無かったみたいで収録ではないみたい。
あきちゃんはサングラスをしていて
いかにも"お忍びって感じでいたそうです。
買い物客でにぎわう現場はすぐに騒然。
一体何を出品したのでしょうか?
やはり服などが多かったみたいですよ。
あきちゃんに気付いた若い女性客が
大量に買い占めていたとか。

プライベートで仲の良い友達と出店したのかな?
品物が売れ残る他店とは比べようもない速さで
売れて売り上げも上々のようでした。

現在オフはほとんどないといわれているあきちゃんが
休日にフリマに出店とはちょっと信じられませんね。
でも、購入できた方はラッキーだったかも…?

TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。